スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dive Log 2015/11/28 大瀬 門下~一本松&先端

PB280003.jpg

1ヶ月振りの大瀬です。
今回はひっさびさに異常に天気良し。
透明度もぬっけぬけで、生物もざっくざく。

富士山も素晴らしい雪化粧をしておりました。

水温はこの時期にしてはまだまだ高い19~20℃。
今回はドライレンタルのつもりだったけど、ま~いけるっしょってウエットで行きました。全然行けました。
由紀ちゃんは当然ドライレンタル。初ドライで足に空気がたまって苦しみましたが、ウエットより全然快適だったそうで。

1本目はいつもの門下から一本松方面へ。

フィコカリス・シムランスを探すもどんな大きさか分からず見つけれず。
その後人気のアヤニシキ色のカミソリペアを念入りに探すも聞いた場所にはいない…あきらめて次の場所へ移動しようとした時、砂地で由紀ちゃんに教えられました(汗)

PB280015.jpg

なかなかうまく撮れないんだけど、確かにすごく綺麗です。
今年は深紅のペアといい、このアヤニシキペアといい、綺麗な色が多いね。
俺が見つけるのは、いつも枯葉色…

PB280020.jpg

コンデジはコンデジのままで。コンパクトだから良いというこだわりでやってますが、やはりストロボが欲しくなりますね。
内蔵ストロボが左側に付いてるから、中途半端な距離だと左が明るく、右が暗くなってしまう。

続いて、少し深場へ。

PB280024.jpg

黒クマ。
シムラとアヤニシキで結構時間食ったので、見つかんなかったらすぐあきらめざるを得ない状況だったけど、すんなり見つかりました。
クマドリと言われないとイロかな~と思ってしまう感じだったな。
黒いカエルアンコウは本とに撮るのが難しい。
証拠写真。

2本目は大好きな先端へ。
目当てはゴルゴ。
…外しました。
すぐそばにはいたはずなんだが…

完全空振りは阻止。

PB280043.jpg

しばらく見られているハダカハオコゼygは見つかりました。
ほどよいサイズで嬉しかった。
眼はやはりキラキラ。
こいつも写真撮るの難しいです。

PB280047.jpg

久々にヒョウモンダコを見ました。
学生の頃は毒があるのも知らず、捕まえて後輩に渡してたりしたな~…

PB280057.jpg

浅場の魚影は多少薄くなりましたが、この透明度は気持ちよかった。

PB280063.jpg

安全停止中に。
こいつは誰なんだろう。

PB280070.jpg

キイロハギ…ではないよね。
モンツキハギかクログチニザの幼魚?ですよね。

ハゼだったら真剣に同定しようとするけど、ニザダイは気合が入りません。

3本目はメッチャ迷ったけど、やはりリベンジで先端へ。
カリスマシュウさんに詳しく場所を教えてもらって行ってきました。

PB280083.jpg

人生初のゴルゴニアン!
それを大瀬で見るってのもさらに贅沢です…ピントあってんのか?w

さらにエントリー直前にエキジット直後のシュウさんにシロオビを教えてもらいました。
シロオビとしてはかなりの浅さ。

ちゃんと見られました!

PB280088.jpg

こいつも人生初!
ハナダイ好きとしては、ゴルゴを超える興奮でした。

PB280097.jpg

ちょっと後ろから。
写真はまだまだです。

PB280116.jpg

安全停止中にはミナハコの幼魚も。
そこそこ大きくなってました。
大きくなれよ~と言ってやれないのが悲しいですが。

PB280125.jpg

夕方の先端。
大満足の一日でした。

しかし、翌日は順も加わり、さらにさらにすごいことに。
それはまた次回の記事で。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。