スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USA2015 ⑧ヨセミテ国立公園 vol.1

しばらく最近のダイビングネタが続きましたが、今回は夏のアメリカ旅の続きです。

ラスベガス~デスバレーを抜けて、いよいよ大好きなヨセミテに入ります。
ところが、行く前からわかっていたことだけど、ここ数年カリフォルニアは大干ばつが続いており、水量特に素晴らしい数々の滝は期待できないかな~と思っていきました。

まず、朝一、冬季は閉鎖される公園の東ゲートから入ります。
そのゲートの前に、厳密には公園外なんだけど、すごく綺麗な湖がちらほら。

IMG_5357_20151003173010d82.jpg

タイオガレイクです。
ずっと赤茶けた大地を見てきたので、5年前と同様にほっとすると言うか、心も潤う感じがします。

IMG_5351.jpg

この日はヒマラヤで買ったノースフェイスのヨセミテTで臨みました。
ちなみにノースフェイスのロゴはヨセミテのハーフドームがモデルになっているようです。
パタゴニアのロゴは、そのままパタゴニアのフィッツロイという山がモデルです。
この山も素晴らしかったな~。

IMG_4869.jpg

これとか。

IMG_5055.jpg

これです。
素敵でしょ?
ここはまたいつか行きたいところです。
マチュピチュはもーいー。

IMG_5363.jpg

さていよいよ、ヨセミテNPに入ります。

IMG_5371.jpg

テナヤレイク。
時間帯、撮り方によってはこんな感じになってしまいますが、もっと綺麗です。
とっても透き通っている。

そして今回は前回行かなかった、カシードラルレイクスのトレイルを歩きました。
ヨセミテの中心地からは車で1時間半以上離れたハイシエラにトレイルヘッドがあります。

IMG_5383_20151003173014a40.jpg

到着した湖はこんな感じ。

IMG_5393.jpg

奥にそびえるのがカシードラルピーク。

チャラっと終わってる感じだけど、このトレイル往復6時間以上で高低差も結構あって、なかなか骨がありました。

時間はもう夕方、中心地ヨセミテバレーを目指します。

バレーに降りていくとまず姿を見せるのが、こいつ。

IMG_5412.jpg

エルキャピタン!
世界最大の花崗岩の一枚岩。
夕陽に染まっていい色出てました。
しっかり探すとロッククライマーも見えるそうです。

次に向かったのがブライダルベールフォール…5年前はここの滝の美しさに感動したが…やはり干ばつ…岩の表面が濡れているだけで肝心の滝は見れませんでした…凹

続いて向かった展望地はトンネルビュー。

IMG_3446.jpg

左にエルキャピタン、右にカシードラルロック、そして奥に顔を覗かせているのがヨセミテのシンボル・ハーフドームです。
本とに画になる風景です。

続いて向かう展望地はバレービュー。
ここはトンネルビューよりだいぶ標高が低く、ヨセミテを流れるマーセド川の畔にあります。

IMG_3450.jpg

いい色合いです。
水量が少ないため5年前よりさらに穏やかな気分になりました。
メジャーな展望地でもないので人が少ないのもいいです。

日がそろそろ沈むので、今日はこれでチェックイン。
今日の宿は前回と同じく、カリービレッジのテントキャビンです。
これがなんともいい雰囲気なんだが、テントの中にベッド2台があるだけで、1泊1棟1万5000円超はぼってるよな~。
ま、場所代なんだけどさ。
せめて1万円だと俺は思う。トイレもシャワーも離れたとこだしね。

IMG_3455.jpg

翌朝撮った写真。こんな感じよ。

IMG_3456.jpg

森の中にこんなのがたくさん建ってるのは確かに素敵ではあるがね。

IMG_3453.jpg

この日の夕飯はカリー名物ピッツァ。
5年前に食べたが激ウマで、今回もトッピングを贅沢にモリモリ食べました。
おススメです!

今日はここまで。
次回はヨセミテの2日目はお送りします。
次回は素晴らしい滝も出るぞよ!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。