スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USA 2013 ②ホワイトサンズ&カールスバッド国立公園

旅の初日、エルパソには夕方着いたが、ここから急いでwalmartに買出しに。
アメリカでは毎回walartで買出しです。
500mlの水が24本で4ドル位だからね。異常に安い。
あとゲータレード買って、大好きなアメリカンチェリー買って、サンドウィッチの材料買って、ビーフジャーキー買って、プリングルス買って、氷と発泡スチロールのクーラーBOXを3ドルくらいで買って冷やすものをぶち込みます。
これで約2週間、車は快適空間になるのです。

あとは行く先々で買い足しながら、運転中はひたすらアメリカンチェリーかビーフジャーキーかプリングルスを食い続ける…アメリカンチェリーなんて500個くらい食ってるんじゃないだろうか。

買出しを終えて、ホワイトサンズへ急ぐ。
エルパソからは案外近く、100マイル、1時間半。
…が、着いたころにはもう日が沈みそうで、一応奥まで走ったが時差ぼけで眠くて眠くて、翌朝に持ち越す。

そして旅2日目、朝焼けの中、白い砂漠を見に行く。

IMG_0882_20150726105016265.jpg

こんなに素晴らしい景色なのに、文字通り人っ子一人いない。

IMG_0890.jpg

俺にとっては人がいないこの静けさがアメリカの国立公園のいいところなんだけど、もったいない気がしてならない。
みんなもっと早起きして来ればいいのに。
特に北米の人たちは朝が遅い気がする。

IMG_0899.jpg

日が昇り、いよいよ白さが増す。

IMG_0907.jpg

でもまだまだ涼しい。
冷たい白砂が心地良い。

IMG_0908.jpg

昼間は相当暑くなりそうだ。
まだまだ名残惜しいが次の目的地に発たなければならない。

ホワイトサンズから約200マイル、3時間半かけて巨大洞窟群カールスバッド国立公園へ。
ちょっとし移動が200マイル、約320キロだもんな~。
岐阜から東京着いちゃうもんな~。
当たり前だけど、やっぱりアメリカ広い。
だからこそこんな壮大な自然があるんだろうけど、もう少し近くにあって欲しいと思ったり…

IMG_0925.jpg

洞窟の入り口。
夕方にはここから何十万羽のコウモリが竜巻のように飛び出てくるらしい。らしい…
実はこのイベントもかなり楽しみにしていたのだが、夕方に洞窟の調査員かなんかが洞窟内にいて、コウモリがビビッてしまったらしく、なんとこの夜はBat Flightが起こらなかったのだ…超人為的ミス。人災。
1日しかここにいないのに…泣く泣く移動でしたよ。

IMG_0929_20150726105042e33.jpg

ここから洞窟に入り、なんと地下230mまで降りて行く。
約1時間もかかる。

IMG_0970.jpg

終点からさらにBIG ROOMへと進む。
ここは「歩き方」によると天井の高さ80m、サッカー場が14面入る大きさらしい。
そのスケールは残念ながら写真では伝えることができない。
是非行って下さい。

IMG_0977.jpg

IMG_0986.jpg

レンジャーツアーでないといけない場所のツアーにも参加した。

IMG_0987.jpg

これは一番人気の「はにかみ屋のゾウ」という鍾乳石。

IMG_1009_2015072610511898c.jpg

しかし、いかんせんまだ時差ぼけが治らず、ツアーの途中も立ちっぱながら寝落ちすることも。

IMG_0436_20150726105427f7a.jpg

iphoneで撮った写真。
鮮明ですな。古いデジ一より綺麗に写る気がする。
綺麗=正確という意味ではないのだけれど。

この日も倒れるようにして寝て、翌朝今度は国立公園の中心から離れた、よりワイルドな洞窟ツアーへ参加。
まず山を30分程登って、その後洞窟に入る。

IMG_1081.jpg

IMG_1083.jpg

IMG_1072_20150726105120636.jpg

自然の造形とは思えない。
どう見ても映画のキャラだ。

IMG_1106.jpg

洞窟内をガイドしてくれたレンジャーと。

この後約300マイル、4時間半かけてサンタフェへと移動する。
旅3日目にして、もう約1000キロ走っている。
小粒攻めなだけに各公園がバラけていてなかなかにしんどい。

では次回は芸術の街、サンタフェです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。