スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-2015 南部アフリカ ⑤ボツワナ チョベ国立公園

IMG_4734.jpg

1月2日早朝 ケープタウンのホテルから弟夫婦に空港まで送ってもらう。
そこからヨハネス経由でジンバブエのヴィクトリアフォールズへ。

ナミビアの荒涼とした景色、ケープ半島の美しい景色とも全く違う、いわゆる熱帯の景色が広がる。
湿度も高い。

宿泊予定のホテルの前に、まずタクシーの運ちゃんに巨大なバオバブの木を見に寄ってもらう…が、イメージしてたバオバブと全っっ然違う…
葉っぱ多すぎです。
俺のイメージは木が逆さまになったよーな、マダガスカルにいっぱい生えているよーな…

IMG_4190.jpg

あれ…れ…

IMG_4188.jpg

この後ホテルに送ってもらいチェックイン。
60ドルの安宿のはずが99ドル請求される。
ごねる。
突っぱねられる。
ごねる。
5ドル下がる。
ごねる…あきらめる。
部屋に入る。お湯でない。
ごねる。
部屋変えてもらう。

さて、天気はくもったり晴れたりだけど、ヴィクトリアの滝を見に行こう。

ヴィクトリアの滝は、この日ジンバブエ側と、次の次の日ザンビア側から見ているので、また次回にとっといて、翌日1日ツアーで行ったボツワナのチョベ国立公園を紹介。

ヴィクトリアの滝は、ジンバブエ・ザンビア・ボツワナ・そしてナミビアの国境が交わる場所から比較的近くにある。
だからゾウで有名なチョベ国立公園へは日帰りで行けるのだ。

ヴィクトリアフォールズからチョベの拠点までは約1時間半。
ご一緒したのは、超ラグジュアリーなホテルに泊まっていた日本人夫婦。
南アフリカのヨハネスに駐在していて、バケーション中なのだとゆー。
1泊4万だってよ。
60ドルか99ドルかでごねてる場合じゃねーな。
ごねたけど…5ドルまけさせたけど。

チョベに着いたらまずボートサファリを2時間する。

IMG_4315.jpg

IMG_4326_20150723223325be0.jpg

穏やかだ。

IMG_4343.jpg

子ワニ。
爬虫類にありがちでちっとも動かないのでなかなか見つからなかった。

IMG_4355.jpg

微動だにせず。

IMG_4390.jpg

若干遠い。

IMG_4418.jpg

カバだー!
これにはテンションが上がる。
カバは実はとても危険な動物らしく、船が近づきすぎると威嚇してくる。

IMG_4469.jpg

丘カバ。

IMG_4477.jpg

カバには白い鳥がくっついていることが結構多い。
なぜだろう。

IMG_4509.jpg

魚はそれなりに知っているが、鳥の知識は皆無。

IMG_4544.jpg

何がいるかわかる?
擬態ワニ。

2時間のボートサファリを終え、ランチタイム。
かなり優雅なロッジで、おいしいビュッフェをいただいた。
俺らの貧乏旅ではあまり縁がないところ。
こーゆーツアーに乗るとこーゆーところに連れて来られる。

続いて、ゲームドライブ。

IMG_4604.jpg

早速水浴びをするゾウ。

さー、どんどん来いぃぃ……

全然来ない。
ほとんど見れない。

IMG_4616_201507232234168fd.jpg

ヒョウが木の上に隠した獲物…いや、そんなものよりゾウの大群を見せなさい。

IMG_4624.jpg

インパラちゃん。
まだまだ。

IMG_4669.jpg

出た~、ライオン。
見つけたのはガイドではなく、ご一緒した日本人夫婦。

IMG_4691.jpg

こんなランクルで行くわけですが、とてもきもちーんですが、肝心の野生動物は不発。

IMG_4698.jpg

ベルベットモンキー親子。
こいつはタンザニアでも見た覚えがある。

IMG_4734.jpg

最後の最後にいいシーンが見れた。
子ゾウを守るように取り囲んで移動するゾウの群れ。

チョベは高い金払った割には…でしたね、正直。
まーこれが自然てものです。
エトーシャの方が全然良かった。
でも、まー、チョベも良い時はすごいんだろうね。

もー二度と来ることはないと思うと残念だけど、ボートサファリの気持ちよさは素敵だった。

次回は南部アフリカ最終稿・ヴィクトリアフォールズです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。