スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USA2012 最終稿 グランドティートン国立公園

いよいよ、とゆーかようやく2012年のアメリカも最終稿です。
去年の旅が終わったのが、8月上旬だったから丸一年放置していたわけだな。
一生こんな奴なのか…次の旅はなるべくリアルタイムで発信したい。

最後はグランドティートン国立公園。
イエローストーンの南のくっつくようにある比較的小さめの国立公園。
ちっちゃいっつっても北から南まで車で行くと30分くらいは普通にかかるけどね。
イエローストーンが有名すぎるので、そこにくっついてるおまけのってイメージだし、イエローストーンのが見所は多いけど、ティートンはまた見所が違ってティートンだけでも行く価値はあると思う。
ティートンの魅力は、山・水・野生動物。特に野生動物。特にムース!ムースムース!

旅もいよいよ佳境。
もー終わってしまう、帰りたくないとゆー寂しさと、さすがに毎日朝から晩まで動きすぎてもー疲れたとゆー気持ちがないまぜになってた頃だな。
しかし俺は起きるのだ。
真夏なのに朝は白い息が出るよーなところで、普段は飲めないコーヒーを飲み……一言、自然の中で飲むコーヒーも……やはりまずいな、と。

IMG_8954.jpg

この日もまだ暗いうちに起き出して、野生動物がよく見られるとゆーオクスボーベントというポイントへ。
収穫なし。
そして、林の中に野生動物を求めてトレッキング開始。

IMG_9025.jpg

アカリスの類だな。
他の種類のリスより、こいつらの顔は可愛い。
他にも!

トレイルには見覚えのある動物のフンがたくさん落ちていて、いや、むしろフンだらけと言っていい状態。
これは臭うぞ~、野生動物のにおいがプンプンと~、いやフンのにおいか……としょうもないことを考えながら、いや、これだけフンがたくさんあるんだから、やつは絶対近くにいるはずだ!とひたすらムースを探して歩く、2時間くらい歩いたとき、向こうからパカラっパカラっと音が近づいてくる!
お!
しかも複数!
おお!!
でも、ヒトの声も聞こえるような…
そして……

おぉぉぅ…
現れたのは、10頭近くの馬に乗った人たち。
ホースライディングのアクティビティーの参加者たちだった。

俺がにおうぞ~とか息巻いていたのは、なんと馬のフンだったのだ。
フン!どうりで見覚えがあるはずだ……どうりでフンだらけのはずだ…俺の2時間をかやせ…orz
馬と鹿の見分けもつかない馬鹿は俺だった。ウマ~い。
お!スルーか!?シカとか!?
しつこいか?

もー完全にふて腐れて車に戻り、連日の強行軍で疲れもピークで、俺は車で文字通りふて寝した。
そして小一時間経ち、車を動かし、次はどこへ行こうかな~と橋を渡ろうとしたとき、橋の上にはものすごい人だかり!渋滞!

あっ!?

IMG_9108.jpg

ついに出ました。ムース。
これは冗談抜きに簡単に感動した。
すげーよ。しかも2頭いたよ。

IMG_9171.jpg

なんだ、こんな人がたくさんいる、道端の川に現れるんかい!
あんなに森の中を歩いたのはなんだったんだよ…とは思わなかったな。
それにしても素敵。200枚くらい写真撮ったな。

IMG_9243.jpg

一番見たかったムースを見たので、結構満足。
でも、まだエルクのオスやグリズリー、白頭鷲も見てないぞ。

とりあえずもー飽きてきたバッファローを撮る。

IMG_9247.jpg


このティートンの山並みとバッファロー。
っさいっこぉやろ。

イエローストーンのヘイデンバレーの方がやはり動物は見れるのか…と思って、夕方の時間帯に合わせてイエローストーンへ向かう。
その途中…

IMG_9280.jpg

おーー!
エルクだ~。
でっけ~、かっけ~。
オスはやはり迫力がある。

そしてこれで満足したので、ヘイデンまで行かずに引き返した。

翌朝、またオクスボーベントに向かう。

IMG_9387.jpg

ペリカンのペアを発見。3回目くらいかな。
あと見たいのは、グリズリーを間近で。それからやはりアメリカの国鳥、白頭鷲=ボールドイーグル。
どちらもはるか彼方には見た。
でもほんの米粒サイズ。白頭鷲に至っては遠くの空で、優雅に飛んでて、あ、頭白い!ってだけ。

IMG_9423.jpg

結果から言うと、見られませんでした。
でも次また来る理由ができたと珍しくポジティブに考えることができた。

今回の旅は同じことをもう1回する価値がある。

IMG_9452.jpg


とゆーわけで、また旅に出てきます!違う場所に(笑)
向こうから更新できたらします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。