スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USA2012 イエローストーン国立公園②

やべ~。時間がね~。
とゆーわけで、今日はイエローストーンを全部紹介します。
この旅では、グレイシャーに3泊、イエローストーン3泊、グランドティートン2泊、ジャクソン1泊の計9泊で、時間的にはイエローストーンが一番長くいたんだけど、写真は案外グレイシャーのが多かったりする。
前回の記事ではイエローストーン礼賛だったけど、実はグレイシャーのが好きだったりする。
それは何故か…人です。

確かに環境的にはイエローストーンのが豊富で見所が多いと思う。
好みだけどね。氷河や切り立った山はグレイシャーに多いし。
だけど、決定的な違いはやはり人の多さ。
グレイシャーもすごく人気のある国立公園で年間200万人を超える入場者数がある。
グランドサークルの端っこの国立公園だと全然人がいないこともある。赤茶けた灼熱の大地で誰にも会わないとか…それはそれで寂しい…

公園が開いている時期は多分グレイシャーのが短い。となると夏に入場者が密集してより混むはずなんだが…感覚的にはグレイシャーが混んでると感じたことはなかった。
それに比べてイエローストーンは人ひとヒト。
自然に分け入るに人が少ないに越したことはない。
考えるに、イエローストーンは車で移動して、ちょろっと歩いてそれぞれの見所を見に行くってゆーところが多かった。
対してグレイシャーはトレッキング天国。死にそうな距離を一日がかりで歩く。
そーゆーところには人は少ないよね、普通。
でも!両方おススメです。是非!

では、イエローストーンで2泊した3日目から。

IMG_8386.jpg

まだ暗いうちに起き出して、前日通ったヘイデンバレーに動物探しに行く。
野生動物を見たいならやはり早朝か夕方らしい。
どれは世界のどこでも比較的共通です。
っさいっこぉにきれいです、朝陽。

IMG_8389.jpg

朝もやの中泳ぐ、カナダガン?達。
ちなみに真夏でも朝はダウンがいるくらい冷えます。
昼はTシャツ一枚。

IMG_8405.jpg

水浴びを終えたバッファローの群れ。


IMG_8431_20130514200053.jpg

ヘイデンバレーはこんなに雄大です。
一日のんびりしていても全然退屈しないと思う。
クマが出て渋滞したりするしね。
ただ、残念ながら他にも見所が多すぎるんだな~。

IMG_8539.jpg

イエローストーンリバーのロウアーファール。
これがこの国立公園の名前の由来になった渓谷、特に色です。
俺は結局サウスリム、ノースリム合わせて5~6箇所川沿いのオーバールックまで昇り降りした。
それぞれ趣が違っておもしろかった。

IMG_8574.jpg

これは滝壺にもっとも近いオーバールックから。
虹はもはや定番だな。

IMG_8608.jpg

野うさぎを見たのは案外少なくてこの時だけ。

IMG_8651.jpg

俺はウリ坊と呼んでいたけど、バッファローの子どもです。
この日のバッファロー渋滞はかなりのものでした。

この日は、公園北西部のマンモスカントリーまで移動して泊。



翌日。
早朝はまた動物探しに車を走らせたが、収穫はいまいち。
ロッジに戻って朝食を食べ、それからこの旅でも異色な魅力のスポットへ。

IMG_8719.jpg

何かわかりますか?

IMG_8738.jpg


そーです。温泉です。
すごいです。めっちゃきもちーっす。
でも、めっちゃ熱いし、めっちゃ冷たいです。
要は、あっつい温泉と冷たい川の水がうまく混ざったところを探して入るわけです。
これはあんまり期待してなかったけど、俺はかなり満足した。

イエローストーンになぜ温泉が?
それは間欠泉などが多くあることからも分かるように、イエローストーンは巨大な火山なわけです。
いつか大噴火することもあると考えられている。

IMG_8828.jpg

温泉から戻って今度はマンモスの散策へ。
ここは、温泉の成分の一つ、石灰がテラスと呼ばれる真っ白な階段状の地形を作っていることで有名。

IMG_8833.jpg

リバティキャップという石灰の岩。
自分で噴出し成長し、自分で噴出口を閉じてしまったらしい。
ガイザー(間欠泉)、キャニオンと比べると多少見劣りのするエリアだったな。

IMG_8900.jpg

イエローストーンの最後にはやはりもう一度オールドフェイスフルを見たい!
ということで3回目。行ってきました。
この人だかり。

IMG_8919.jpg

朝の噴出も煙の量が多くていいけど、青空に映えてこれはこれで素晴らしい。

この後、レイクカントリーをちょろっと見て、ひたすら蚊に刺されまくったリドゥルレイクのトレイルを2~3時間歩き、グランドティートンへ向かった。

大満足のイエローストーンだったけど、まだいまいちなのは、そんなに野生動物が見れてないことです。
ティートンはどうだ?

では、次回USA2012最終回です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。