スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリト・モレノ氷河

ペリトモレノ氷河での氷河上トレッキングツアーに行ってきました。
バスの隣の席には珍しく可愛い女の子が。
きっかけをつかんで話しかけると、マーシャ、ブラジリアン。
しかも英語通じます。これはチャンス。
彼女はどーやら真光とかゆー教団に家族で入っていて、結構日本にも詳しく、大変盛り上がったわけです。
彼女は家族7人くらいで来ていて、ご両親、お姉ちゃん、お兄ちゃん、おばさん、おじさんとマーシャ。
家族と来てるけど、これは夜飯誘って、どーにかなってしまおーと算段を考えていたわけです。
ペリトモレノに着く前に早くもペリトモレノは脇役に。
そして、ペリトモレノを見晴らせる丘で小休憩。
家族で写真を撮ってもらいたいと頼まれ、もちろん撮ってあげ、その後は家族と離れて、二人でしゃべりながら船に乗り込みました。
船の上では、当然カメラ小僧の血が騒いだので、しばらくマーシャそっちのけで、氷河にかぶりついていたわですが、大体撮り終えたので、ふと横を見ると、マーシャは、お兄ちゃんと2ショットを撮っていました。
そしてにわかにキスを始めるではありませんか・・・・・
そーです、お兄ちゃんではなく、ボーイフレンドだったのです・・・・
with my family ってゆーたやないか!
短い恋だったな・・・・
俺は寅さんか!

その後もマーシャは色々話しかけてくれたんだが、やたらこっちを気にしているお兄ちゃん改め彼氏にも悪いし、そもそももー終わった恋なので、氷河に集中しました・・・・

ペリトモレノは、これぞ THE GLACIAR じゃないでしょうか?
景色は確かに素晴らしかった。
しかし、いかんせんちょっとツーリスティック過ぎた。
氷河トレッキングも鳩バス気分だったし・・・・そこまでいかなくとも、沖縄本島の真栄田岬スノーケリングみたいなもんかな。
全てが予定通りで、ぬるーい感じで、そこまでしんどくなくて、適度に楽しめる。
そー思うと、前日のフィッツロイ登山の方が自己責任で、すっごいしんどくて、最高に感動できたので、俺はそっちをオススメします。
でも、景色は素晴らしかった。

1 the Glaciar Perito Moreno
2 なんちゅー青してんねん
3 流氷もゴロゴロ
4 トレッキングの人たちがゴミのよう
5 まぁまぁ楽しい
6 青
7 トレッキングツアーの最後には氷河の氷でウイスキー・・・やっぱりおいしくない
8 青2
9 先端
10 比べるとこんなん
11 展望台=バルコン から 人小さいでしょ
12 小規模の崩落
13 一番よく紹介される構図

IMG_5116.jpg
IMG_5138.jpg
IMG_5185.jpg
IMG_5207.jpg
IMG_5233.jpg
IMG_5248.jpg
IMG_5320.jpg
IMG_5327.jpg
IMG_5330.jpg
IMG_5355.jpg
IMG_5399.jpg
IMG_5415.jpg
IMG_5423.jpg

今夜は、風の大地パタゴニアから、ブエノスを経由して一気に、世界三大瀑布の一つ、イグアスの滝の拠点・プエルト イグアスまでやってきました。
一気に暑い。

明日はいよいよイグアス 悪魔ののどぶえです☆
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。