スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#94 アメリカ国立公園の旅 LIVE(11~14日目) そして無事帰国・・・

現在、サンフランシスコから成田に向かう機内。
当然Wi-Fiは飛んでないので、家に帰ってからアップすることになるけど、暇を持て余しているので・・・

前回は、10日目のデスバレーまでアップしたので、今回は11日目のデスバレーの夜明けから。

デスバレーにある砂丘で夜明けを迎えました。
砂にできる風紋は、陽が低い時に、より陰影がくっきりして美しいです。

IMG_8077.jpg

この日は、ヨセミテの手前まで移動。
途中、アメリカ本土48州最高峰、マウント・ホイットニーの麓まで行きました。
デスバレーと違って、涼しくて穏やかでゆうさんも気に入ってた。

IMG_8160.jpg

この日に泊まるマンモスレイクスよりさらに北上して、モノレイクへ。
ここは、取水により水位が下がったため、本来水中にあった地形が出てきてしまったところです。
だからこんな奇岩が見られます。
恐ろしい数のハエも見られます・・・オエ。
ゆうさんはここが大嫌いでした。

IMG_8184.jpg

翌日。
ついに一番楽しみにしていたヨセミテ国立公園。
ここはまだ園内に入る前のタイオガパスとゆー道路沿いにある、タイオガレイク。
恐ろしいほど透き通ってます。

IMG_8216.jpg

トゥオルミメドウ。
僕はここがとても気に入りました。ハイカントリーの中心地。
ヨセミテの中心地ヨセミテバレーからは、車で1時間半から2時間くらいかかりますが、雪のため夏しか訪れることができない穏やかで涼しげなところ。

IMG_8229.jpg

テナヤレイク。
ヨセミテのハイカントリーで一番有名な湖。
ここも目茶目茶透き通ってた。
そして目茶目茶冷たかった。

IMG_8251.jpg

あちこち寄り道したり、トレイルを歩いたりして、午後2時頃ようやく中心地ヨセミテバレーに入りました。

ブライダルベール滝。
ちょっと風が吹くと、すぐ形をひらひらと変える滝。
ほんとうにベールのようでした。
しかもでかい。

IMG_8311.jpg

バレービュー。
まさに撮れ!とゆー絶景。
左側が花崗岩で世界最大の一枚岩、エル・キャピタン。
右側がカシードル・ロックとブライダル・ベール滝。
個人的には一番好きなポイント。

IMG_8350.jpg

トンネルビュー。
バレービューからちょっと上がった場所。
これまた絶景。
真ん中奥に見えるのは、ヨセミテのシンボル、ハーフドーム。

IMG_8359.jpg

グレイシャーポイント。
ヨセミテ随一のビューポイント。
人が多すぎて、完全に観光地だったけど、ここには2時間以上いた。
涼しいし、最高の景色だったな~。

IMG_8373.jpg

ヨセミテ2日目。
バレーから南へ1時間半くらい南に行った、ヨセミテ国立公園の南端。
マリポーサグローブ。
ここは、ジャイアントセコイアとゆー世界最大の生物がわっさわっさと生えている。
マリポーサグローブのジャイアントセコイアで、最大の木、グリズリージャイアント。
高さはなんと64m。周囲29m。

IMG_8468.jpg

ジャイアントセコイアの松ぼっくりは小さい方。
左手の巨大な松ぼっくりはシュガーパイン。
ここだけおどけるゆうさん。

IMG_8497.jpg

ヨセミテ3日目。
一人で早朝から、この旅、最長、最高、最後のトレイル。

往復約11キロ、4時間半。
リバティーキャップとネバダ滝。
見えないけど、このネバダ滝は約200m。
滝上から見ると、吸い込まれそうな高さ。

IMG_8620.jpg

ネバダ滝の2キロ下流にある、バーナル滝。
こちらは落差約100m。
行きはまだ日が当たってなかったけど、帰りは、なんと虹が出てました。

IMG_8676.jpg

ヨセミテを堪能した後、最終目的地坂の街・サンフランシスコへ。
約300キロ、約5時間。
素晴らしい街並みで、ここに住むことに決めました。
サンフランシスコといえば、ゴールデンゲートブリッジ。
サンフランシスコより、橋を渡った、バッテリースペンサーとゆー高台から見ると素晴らしい。

IMG_8703.jpg

サンフランシスコ名物、ケーブルカー、坂、そして、奥の島は、ザ・ロック=アルカトラズ刑務所。

IMG_8757.jpg

アラモスクウェアより。
ロンドンとちょっと似てたかな。
公園がいろいろなところにあるのがいい。

IMG_8770.jpg

フィッシャーマンズ・ワーフのカニ看板。
かに道楽の勝利。
ま、これはこんなもんでしょー。
しかし、カリフォルニアの青い空は素晴らしかった。

IMG_8832.jpg

今回の旅は、天気に恵まれすぎました。
3日目のペイジとと4日目のモニュメントバレーの数時間以外常に真っ青な空だった。
おかげでいい写真が撮れ、素晴らしい景色が堪能できました。
猪突猛進な俺に、ボヤキながら付き合って、そして道中惰眠を貪ったゆうさんに大感謝。
レンタカー走行距離は、予定を大幅にオーバーし、約2700マイル、4300キロ。

まだまだアップしたい写真、そしてロードムービーがたくさんあるので、今後は、各国立公園ごとに詳しくアップするつもりです。

今は、成田でセントレア行きのトランジット待ち。
あとは、無事に家に帰るのみ・・・あ~~~日本だ・・・嫌だ~~。

これをアップしてるってことは、無事に帰りついたとゆーことです。
今年の暮れまでは、この思い出に生きるので、お付き合いよろしくお願いします。

でわ、おつ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。