スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#47 入院記② くたばれ高野連

二度目の一時帰宅です。
外出許可もらって、夕方まで家にいます。

前回はWBCをこきおろして、高野連まで辿り着かなかったので、今回は高野連を叩きます。

昨日(3月21日)春のセンバツが開幕した。
その開幕戦。
倉敷vs金光。
9回裏倉敷の攻撃、同点、1アウト3塁、サヨナラの場面。
倉敷がスクイズ。
金光のピッチャー取って、キャッチャーへ。
キャッチャー、ランナーにタッチ・・・アウト!
が・・・明らかにキャッチャーはボールをこぼしていた。
でもアウト。
明らかに大誤審。
その後、カバーに入った金光のファーストが何食わぬ顔でボールを広い、キャッチャーに渡す。
それも見てない審判。
ま、アウトになったランナーとか倉敷の選手も気付いてない時点で、あほか・・・なんだが。
倉敷の監督は気付いていた。
そしてベンチ前から、落としてる!とアピール。
が、ホームのところまで出て行って、抗議はしない。とゆーかできないのか。
その審判個人のミスジャッジを高野連のせーにするのはおかしいが、抗議できないのはおかしい。

審判の判定は「絶対」だと言うなら、「絶対」間違いないようにやれ。
それをミスがあると、審判も人間だからと開き直る。
結局彼らの論理は、審判の判定は絶対→でも、審判も人間なのでミスもある。→ミスも含めて審判の判定は認めろ。
それっておかしくね~?
明らかなミスがあったら、それを認めて訂正するべきだ。
しかも、全体としてのミスの存在は認めるくせに、個々のミスは認めようとしない。
高野連とゆー組織で個人を覆い隠して、かばっている。

それを抗議すると、厳重注意を喰らう。
!?!?
抗議は悪か?内容うんぬんより、抗議した時点で悪?
間違ったことをやった奴は故意じゃないとゆーことで無罪放免で、被害を被った人間が訴えたら、注意を受ける・・・んなアホなことがまかり通る世界。
こわっ。気持ち悪っ。

2年前の佐賀北フィーバー。
俺も10年ぶりに甲子園に行って、佐賀北ファンに。
でも佐賀北vs広陵の決勝のあのボールの判定はない。
広陵の監督が抗議。注意を受ける。おかしいだろ。
正義ってなんだ。
今の高校野球は、権力を持っているモノが正しいと言うことが正義だ。
北斗の拳の世界と一緒だ。

おっさん解説者なんかも、外から、ビデオ判定の導入は反対ですね~とか言ってんじゃねーよ。
命とは言わないけど、青春を捧げてきた奴等の頑張りが、クソ審判の恣意的な誤審のせいで一瞬でふいになる。
それを物分りのいい、バカな大人たちは、こーゆーこともある、いい経験をしたとか言って納得させる。
正々堂々やったらそれでいーよ、とか。
誤審を受け入れろってのはちげーだろ。
おめーだよ、審判、自分の誤審を受け入れて、認めなきゃいけないのは。
間違いを認めなきゃいけないのは。

しかもこーゆー大人の論理は、一貫していなくて、立場によってすぐコロコロ変わる。
例えば、日本が優勝した第1回のWBCでは、アメリカ人の審判デービッドソン?とかゆー審判の度重なる誤審が相当非難の対象になった。
テレビを始めとして、マスコミはこぞって誤審の映像を何度も何度も流し、やたらめったら叩きまくった。
当時WBCの試合中にビデオ判定がなされたかどうかは知らないが、とにかく判定は覆らず、でも、ワイドショーやスポーツニュースは独自に(独自とは言ってもみんなやってるけど、)ビデオ判定をしていた。
俺は別にそれは否定しない。
おかしいことはおかしいと言う。
たとえ外野からでも、しないよりいーだろー。
じゃー、なんで高校野球ではそれがねーんだ?
同じ野球だろ?
審判の質は違うかもしれないが、多分プロの審判よりレベルは低いし、どちらにしろミスジャッジは必ずある。
それを見てみぬフリするなよ。
昨日のミスジャッジも別角度からのビデオで明らかだった。
実況のおっさんも解説者もその映像を見たはずだ。
明らかにボールがミットからこぼれ落ちた。
・・・沈黙。
そして何事もなかったように実況を続ける。
その後その映像が流されることはなかった。
おそらく夜のスポーツニュースなどでも決定的な証拠となる映像は放送されないだろう。
YOUTUBEなどで見ればすぐ発見できそうだけど 苦笑
正しいことを正しい、間違ってることを間違ってると言えない奴等に、スポーツマンシップとかフェアプレイとか言う資格も、強制する資格も、教育する資格もない。
審判は絶対とゆー前提が既に間違っているのだ。
審判も人間だからミスもすると言って開き直って、かたくなになるのではなく、審判はミスをするという前提に立って、それにどう対応しようかと合理的に考えることが大切だ。
合理的に考えれば、審判はミスもするけど、それでも素直に判定を受け入れろなんてゆー、選手を犠牲にする結論に落ち着くはずがないと思うのだが。
アメフトやテニスでは審判のジャッジに納得がいかない時、「チャレンジ」とゆービデオ判定やコンピューターを使った再判定を申請できる。
今は昔と違って、より正確に判定できる技術があるのだ。
それを取り入れる柔らかささえ人間側にあれば、より合理的な、選手にも観客にも納得がいく判定ができるはずだ。
ま、かちんこちんの高野連にも求めても無駄かもしれないが。

スポーツは最初は純粋にスポーツであったはずだ。
そこにプライドや面子、金などの利権が絡んできた。
それ自体は多分避けようがないことだったのかもしれないが、それを守るために本来メインであるスポーツ自体が歪められ、犠牲にされるのはおかしい。

今も昔も高校球児が目指すのは甲子園。
甲子園でやるのは野球だ。
彼らが従うべきなのは、野球のルールであって、高野連のルールじゃないはずだ。
それを高校野球はスポーツであると同時に教育の場でもあるとか言って、権力を濫用して、高圧的に高校生をがんじがらめにしている。
坊主頭とか、眉そりとか、高野連の爽やかで素直な高校生イメージを、今の高校生に押し付けるな。
時代錯誤もいーとこだ。
抗議すること自体が禁止されているのか、高校生は決して何も言おうとしないが、間違った判定に対して、抗議するのは決して悪いことではなく、むしろ正当な権利なはずだ。
それをどんな判定だろうと素直に従うのを奨励するのは、昭和どころか戦前の考え方じゃん。
それは高野連にとって素直なのであって、本来の意味で素直なんかじゃないし、それを教育の一環とゆーなら、バカを育てる教育の一環だ。
相撲協会にしろ、高野連にしろ、既得権益を守ろうとする団体は凝り固まるしか自分達を維持する術がないんだろうな。
いっそのこと、全国の高校が反乱を起こして、センバツと夏の甲子園に代わる全国大会を立ち上げるとか。
東京ドーム使うとか、運営の主から高野連を外して、高野連以外の組織を作るとか。
伝統に弱く、革命など起こせない日本人の国民性からするとかなり難しそうだけどね。
高校球児にとってやっぱり甲子園は聖地だろーし。

そーすっと結局高野連とゆー権力に迎合するしかなくて、結局奴等はのさばったまんまなんやな・・・
くたばれ、高野連。

ただ、その倉敷vs金光の開幕戦、なんとか倉敷が延長サヨナラ勝ちをしてくれたので、ホッとした。

3月22日 記
3月23日 手直し

でも結局、倉敷も中京大中京に負けちゃったみたいだね。
でも、やっぱ高野連の横暴は許せん。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。