スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20-1 3/11~17 ドイツマラン

3/11にロンドン・スタンステッド空港からドイツマラン・ミュンヘン空港へ。
そこから~17日フュッセン~ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク~ハイデルベルク~コブレンツ~ケルン~フランクフルト・ハーン空港まで鈍行と徒歩で。

ミュンヘンに着いた時から嫌な予感がしていたが、このドイツマランとゆー国は適度に都会で、適度に田舎で、適度に綺麗で、適度に静かで、非常に刺激がねー。

中世の政治的分裂の影響がでかいんだろうけど、ロンドンやイタリアの大都市に比べて、こじんまりとしていて、頑張れば徒歩で2~3時間でどの都市も見て回れる。

ドイツの人は優しい、静か。
あんまり馬鹿みたいにでかい声で話したり笑ったりしない。
ちょうど村上春樹のノルウェーの森をまた読んでいたので、直子が入っていた施設みたいな感じだと思った。
そんな街やだけど。
ロンドンの喧騒にちょっとうんざりしていたので、静かな電車が心地よくもあり、たいしはよく寝ていた。
ドイツ人カップルのキスする音がずっと聞こえていてウザかった。

では写真64枚逝ってきます。

ミュンヘン
いわゆるドイツ的な街と歩き方に書かれていたが、相当ドイツマラン的な街。
ブンデスリーガを見なかったらどーなっていたことか・・・

DSCF15551.jpg


DSCF15642.jpg


DSCF15681.jpg


モノクロで撮ったら第二次世界大戦の爪痕と見えるかな~と思ったビル解体現場。

DSCF15691.jpg


DSCF15771.jpg


ミュンヘン中央的でやたらサポーターが騒いでいたので、試合あるんじゃね~?と思い、宿のねーちゃんに聞いたら、なんとバイエルンミュンヘンVSブレーメンっつー超ビッグゲーム。
チケット無しでとりあえず行ってきた。
・・・・チケット売り切れ。

DSCF15811.jpg


で、しゃーないので、近くにいた優しいドイツ人に「チケット2枚欲しい」とドイツ語で紙に書いてもらって、こんな感じ。
たいしカメラ向けると超やる気ねーの。

DSCF15851.jpg


で、めでたく観戦。
カーン点決められてた。
試合もそーだが、あの切羽詰った状況でチケット2枚ゲットもすごくいい経験。
1枚目は15ユーロ。2枚目は30ユーロ。

DSCF15861.jpg


DSCF15951.jpg


この赤く光るスタジアム。ワールドカップ中継で見た人も多いのでは。
かっこよかたー。

DSCF15961.jpg


市庁舎シリーズvol.1

DSCF15982.jpg


朝市の豆腐。
マジうまそーな豆腐。
たいしに馬鹿にされた。
チーズだった。

DSCF15991.jpg


ドイツといえばソーセージ。
しかし北欧に行った後も俺らはどこでもソーセージ。

フュッセン
当然目的はノイシュヴァンシュタイン城。

DSCF16111.jpg


バイエルンアルプス・・・ってのはアルプスとは違うのかい?
日本の中央アルプスみたいなんか?
それともマジアルプス?

DSCF16211.jpg


たいしと俺。

DSCF16321.jpg


DSCF16361.jpg


DSCF16441.jpg


悟りを開け仏門シリーズvol.1

DSCF16431.jpg


まだ野猿。

DSCF16551.jpg


ニュルンベルク
個人的には今回行った8つの街では一番好きです。
旧市街が街の中心で、静かであったかくて。

DSCF16661.jpg


DSCF16681.jpg


DSCF16691.jpg


DSCF16701.jpg


ニュルンベルクソーセージ。
小指大のソーセージ。
味文句なし、大きさ大いに文句あり。

DSCF16761.jpg


DSCF16871.jpg


DSCF16931.jpg


ロードオブザリングの門破って入ってくるでかオーク。

DSCF16941.jpg


仏門vol.2
上野動物園のサル山で瞑想。

DSCF16991.jpg


DSCF17031.jpg


ローテンブルク
ロマンチック街道のハイライトと呼ばれる街。
中世犯罪博物館はパンフレットがおもろいです。どーぞ。

DSCF17151.jpg


DSCF17191.jpg


DSCF17201.jpg


DSCF17261.jpg


ぽっかぽか。

DSCF17312.jpg


DSCF17321.jpg


まだ猿。

DSCF17371.jpg


ヴュルツブルク
・・・可はなく不可はある。

DSCF17581.jpg


DSCF17631.jpg


DSCF17651.jpg


旅行中彼は彼女に会いたい彼女に会いたいと何十回と言っていました。
悟りは無理だね。

DSCF17681.jpg


DSCF17711.jpg


DSCF17751.jpg


DSCF17762.jpg


ハイデルベルク
誰もが詩人になれる街。
歩きすぎて、坂多すぎて死人。

DSCF17941.jpg


狐。
動物園のアトラクション的に門の外に配置されておりました。
次の朝何故か熊も一緒にいました。

DSCF17991.jpg


DSCF18001.jpg


DSCF18082.jpg


DSCF18101.jpg


DSCF18141.jpg


DSCF18191.jpg


DSCF18231.jpg


そんな待ち方はしん。

DSCF18331.jpg


ローレライ・・・・ってなに?
有名よね?

コブレンツ
実は1日余ったのです。
北欧の計画頑張りすぎて、ドイツはほぼ無計画で・・・で無計画な計画にも無かった街コブレンツへ。
ぬくすぎた。
ユースホステル遠すぎた。
だって対岸の城の中にあんねんもん。

DSCF18451.jpg


DSCF18511.jpg


DSCF18541.jpg


DSCF18551.jpg


DSCF18581.jpg


DSCF18612.jpg


ライン川とモーゼル川が出会う街。
手前がライン、奥がモーゼル。

DSCF18671.jpg


ケルン
たいしと俺の中ではドイツのハイライト。
なぜならケルン大聖堂。
高校んとき、世界史をとっていた二人は、教科書で資料集で憧れていたのです。

DSCF18981.jpg


でっけー。かっきー。しんどー。
でもイタリアのとこと違って1ユーロで登れるのはいーね。
イタリアはだいたいどこも6ユーロ。

DSCF18731.jpg


・・・・ダヴィデ像。
いーのかこれで。

DSCF18841.jpg


ミラノのドゥオモでもやったが・・・

DSCF18891.jpg


DSCF18921.jpg


DSCF19091.jpg


タバコをふかす大道芸人達。

この日の夜は、ユースで知り合った沖縄人に拉致られ、クラブに行ってきました。
ドイツ娘の腰振りには悩殺され、腰砕け、声かけれませんでした・・・弱。

ドイツは1回は行ったがいーけど2回は行かないところかな。
もー少し贅沢をしたらもっと良いところが見えてくるのかもしれません。
でも2回は行かないのでもーそれを知ることもできません。
・・・でもやはりイタリアのような贅を尽くした華やかさとゆーものは、政治的にも統一がなく、カトリックでもないところでは無理だったんだろーな。

今回は南~中央~西を攻めたので、次回はベルリンとかハンブルクとか北を。
あ、次回ないんだった。

以上ドイツ終わり。
次回は憧れの街ストックホルム。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。