スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sunset vol.1

P40500071.jpg


陸撮の超定番・夕日です。
4/5の無論夕方に、俺より1時間早く昼寝を切り上げた千乃が、谷茶の海岸へ撮りに行った時の写真です。
撮りに行ったといっても、歩いて15分くらいの距離ですが、この時期は太陽の沈む位置が、まだ南寄りなので、家のすぐ外の海岸からだと、島の影になってしまい、海に沈むところが見れません。
5、6月になれば、もっと北よりになって見れますが、その頃には沖縄では、もー梅雨真っ盛りで夕日どころではないかもしれません。

と言うか、沖縄は、晴れの日が多くて、夕日が綺麗に見れるというイメージがあるかと思いますが(俺にはありました)、実際はそんなに見れません。
この日も、綺麗は綺麗だったみたいですが、いわゆるsunset、つまり夕日がだんだんと水平線に沈んでいくのを見ることはできなかったようです。
移住して1年経ったので、もーそれにも慣れてしまいましたが、最初の頃は、あれ?今日も途中までしか見れなかった・・・今日も・・・また今日も・・・の連続でした。
しっかりsunsetを見ることができるのは、年間通じて10日あるかないか位じゃないでしょうか?(数えたわけじゃないですので適当ですけど)

夕方に限らず、沖縄の天気は、案外悪いことが多いというのが、1年住んでの印象です。
いつも太陽がギラギラ降り注ぐというのは幻想かもしれませんね。もちろんそーゆー日が多い時期もありますが。
海外の南国リゾートも、乾季と雨季があったり、スコールがあったりしますが、1年間を通してみると、沖縄はそれよりも悪いように感じます。(海外の南国に長く住んだこともないので、これまた適当イメージですが)
沖縄の場合、いくら南国と言っても、日本なので、5~6月には内地に比べると早めの、しかし、しっかりした梅雨があり、8~10月は晴れの日が多いのですが、しっかり台風が当たります。去年なんか、観測史上最多の台風が接近or上陸して、足止めくらった友達も多くいました。
さらに、沖縄には冬もちゃんとありました。
あの寒さにはビックリしました。さすがに雪は降りませんが、とにもかくにも北風が強く、1~3月まではほぼ毎日吹き荒れます。
今まで、岐阜や東京など太平洋側に住んでいたので、冬は晴れの日が続くというイメージだったのですが、沖縄の冬はほとんどの日、どんより厚い雲が空を覆っています。

と散々残念がっておきながら、逆に冬に雨が少ないと、沖縄は標高の高い山が少ないし、貯水できる場所も少ないので、水不足になり、断水の危機がせまってくるので(実際2003~04の冬は雨が少なく、俺らが引っ越してくる直前まで、断水の危機だった)、晴れてりゃいーってわけでもありませんが、断水の危機を除けば、やはり晴れてた方が嬉しいですから。
ウォッシュレット必須の俺としては、断水は死活問題なんですけど・・・

で、例え晴れた日にも、内地でたまにあるような雲一つない快晴ってのは、沖縄ではほとんどありません。
周りを全て海に囲まれてるせいか、晴れていても雲は常にある気がします。
で、水平線に沈む夕日となると、真上の太陽よりも見れる確率は少ないような気がします。
これも俺のなんとなくのイメージですが、真上の太陽は、その太陽の場所に雲が被ってなければ、見れますが、水平線の夕日の場合、地球は丸いから、水平線のかなり手前のところにも、ちょっと手前のところにも、実際見えなくなる角度のところ(夕日が沈んだように見える水平線の地点)にも、つまり、自分の位置から、夕日が沈む位置までず~~~っと雲がない場合にだけ、sunsetが見れる気がします。
分かりますか?分かりにくい文章ですが。ニュアンスが伝われば嬉しいです。
俺の言ってることは合ってるのかな?自信はないです。


余談が長くなりすぎましたが、まー、沖縄の気候の紹介と、実は水平線に沈む夕日を見るというのは、結構な確率なんですよ、ということで。
上述のように、この日も雲が邪魔して、千乃は結局そのような写真は撮れなかったみたいですが。
じゃーこの話は、水平線に沈んでる夕日の写真の時に出せよ。って感じかも知れませんが、実は俺はまだそんな写真撮ったことありません。
見たのも1度きり。


<写真について>
で、この日千乃は、マニュアルで絞りやシャッタースピードや露出を色々操作しながら、20枚くらい撮ったらしいんですが、それなりに納得できたのは4枚だそうです。
で、俺もその4枚だけ見ましたが、お!案外いーじゃん!という感じで、親バカならぬ、彼氏バカとでもいいましょうか。
自画自賛よりはましということで。
4枚一気にアップしてもいいのですが、上の話も長くなったので、先に撮ったのから1枚づつアップします。

この写真は、夕日本体がハッキリ写ってるわけではなく、遠くの方で、何かが爆発した瞬間のような感じに俺は見えました。
空一面夕焼けではなくて、手前の方はまだ青空というコントラストが気に入っています。
一番好きなのは、別の写真ですが。
夕日を真ん中に配置して、まさに日の丸構図というのが、なんとも素人っぽいですが・・・

1眼レフで三脚とか使って本格的に撮られている方の写真とは比べようもありませんが、結構好きです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。