スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウハグロトンボ

今日は魚じゃなく、昆虫・トンボです。
リュウキュウハグロトンボ(琉球羽黒蜻蛉)といいます。
琉球列島の固有亜種(固有種ではない)で、奄美大島、徳之島、沖縄島に分布するみたいです。
といっても、その辺にワサワサいるわけではありません。
これは「じんぶん」に遊びに行った時に撮ったもので、その美しさに惚れました。

P92307691.jpg


最初見たときは、え?トンボ?って感じでした。
羽が1枚しかないように見えるからです。
飛んでる時にちゃんと見たら、ちゃんと4枚ありました。
停まっている時は、羽をたたんで、さらに背中で合わせて、休むみたいです。
一般的なトンボのイメージとは違いますよね。

P92307721.jpg


羽黒と言いつつ、羽の根元付近が綺麗なブルーなのは♂です。
自然界は魚と同じで、雄が派手なんですね。
写真では色が出ていませんが、細い胴体も、とても綺麗なメタリックグリーンでした。

P92307771.jpg


この少し地味な個体が♀です。
羽上方の、白点が特徴です。

普通のトンボのようにガンガン飛び回る感じじゃなくて、パタパタっと飛んで、大半は葉や枝の上で休むって感じでした。
だから撮りやすいっちゃ撮りやすいけど、蚊がすごくて大変でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。