スポンサーサイト

#21 London一望?の丘 & 野生鹿

先週からインターンシップを始めた。ま、こんなこと言いたくないが、大卒の僕がなんでこんなことやらんとあかんねんとゆーよーな、一般職丸出しのコピー取りやファイリングをやりつつ、でもみんないー奴等だしって感じで、適当に楽しんでおります。インターンシップについては、またそのうち、書きます。なかなか切な面白いと思う。仕事を始めると、生活にメリハリができる。んで、こないだの土日は、念願のとゆーほどでもないが、...

#20-6 3/23 断崖絶壁絶景リーセフィヨルド in Norway

今回が旅行写真最終回・リーセフィヨルド。ソグネフィヨルドが、電車・船・バスなど乗り物で移動しながらの見物なのに対し、リーセフィヨルドはプレーケストーレン(教会の説教壇)とゆー水面まで600m落ちている崖を目指す完璧山登りです。ひとそれぞれ好き好きだろーけど、俺とたいしは圧倒的にこっちかな。しかし約2週間散々歩き回った後での、片道2時間の山登りはなかなかしんどかった。しかも季節は冬~春。予想外に道中雪だ...

#20-5 3/21 ソグネフィヨルド in Norway

今回の2週間の旅のハイライト、フィヨルド。オーロラは見れないリスクが高すぎるとゆーことで断念。たいしも俺もネイチャー好きとゆーことで俺はかなり楽しみにしていたのです。たいしは素直じゃないので、ぶつぶつ言いながらもきっとすごく楽しみにしていたはずです。フィヨルドとは、昔々氷河が海岸線をガジガジ削ってできた細長い湾で、氷河期が終わって海水がそこに入り込んでできた地形だそー。まさに自然の造形美。世界地図...

#20-4 オスロ・ベルゲン・スタヴァンゲル・ハウゲスン in Norway

たいしにはノルウェー長かったんじゃないすか~と散々いじめられたが、確かに最後の2日、24&25はいらんかったし、つまらんかったし、高かったし、無駄だった。それもこれもあれもライアンエアのせい。いくら値段が安いからといって、結局無駄に移動、宿泊しなければいけないのでは、結局無駄。しかもヨーロッパには格安航空会社が他にもバンバンあるのです。それを紹介したサイト。利用してくれ。「flying cheap」http://europe.s...

#20-3 3/19 コペンハーゲン in Denmark

ロンドンは只今明け方ですが、眠くないのでコペンハーゲンの写真を。極寒のストックホルムから、鬼寒のコペンハーゲンへ。なかなか撮りどころの多い街。散々たいしに揶揄された市庁舎しかり。やっぱり海なり川なり水のあるところが僕は好きなようです。ドイツでも書いたけど、北欧も電車がすげー静か。人も静かやけど、音が。あの、ガタンゴトンゆーのがない。たいしに言わすと、夏でもそれほど暑くならないため、線路が熱で膨張し...

#20-2 3/17~18 ストックホルム in Sweden

3/17ぬくすぎて平和ボケしたドイツから、沖縄人情報では春爛漫の何故か吹雪のストックホルムへ。この旅最強に寒。氷のつぶての攻撃に遭う。この区間もライアンエア。フランクフルトからバスで2時間のフランクフルト・ハーン空港~ストックホルムから100km離れたストックホルム・スカヴスタ空港へ。企業犯罪。組織的詐欺。さて、ストックホルム。とにかくイケメンが多い。美人もやたらいる。お洒落さんの巣窟。スキニーだらけ。そ...

#20-1 3/11~17 ドイツマラン

3/11にロンドン・スタンステッド空港からドイツマラン・ミュンヘン空港へ。そこから~17日フュッセン~ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク~ハイデルベルク~コブレンツ~ケルン~フランクフルト・ハーン空港まで鈍行と徒歩で。ミュンヘンに着いた時から嫌な予感がしていたが、このドイツマランとゆー国は適度に都会で、適度に田舎で、適度に綺麗で、適度に静かで、非常に刺激がねー。中世の政治的分裂の影響がでかい...

#20-0 Nothing but 友達(旅行写真ちょろ出し)

no money no home no job no hair no reason no cola あーコーラ飲みてぇ~。 あ、ビール。 no ndakure k no ck out..... とゆーわけで、お金もないのに、ドイツに行き、ホームレスなのに、スウェーデンへ、仕事もないのに、デンマーク、髪もないのに、ノルウェーで風に吹かれてきました。 3/11~25の15日間。 2週間はなげー。 飛行機6本はつれー。 ライアンエアーには2度と心を許しません。 今回はロンドンで知り合ったこけしこ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。