スポンサーサイト

#77 退院しました

10月22日(木)によーやく、よーやくどーにかこーにか退院しました。 6月半ばから4ヶ月以上・・・長い、長すぎる。 歳も一つ取ってしまったし・・・ 入院中は、先生、看護師さん、親はもちろんだけど、友達や生徒がたくさん来てくれたり、励ましの手紙、メールたくさん送ってくれて、ホントに元気付けられました。 ありがとう。 本とはすぐにでも報告をと思ってたんだけど、退院早々また調子が悪いんですわ・・・ だからなんか晴れ...

#76 踊りてぇ

「マンマ・ミーア! [DVD] 」教え子のサル子が持ってきてくれたんで、見てみた。 ミュージカル映画って、場面的に泣くかと思いきや突然歌いだすし、闘うかと思いきや・・・やっぱり突然歌いだし踊りだし、早く話を進めなさい!とイライラすることが多いんだけど、これはよかった。 ほとんど聞いたことあるってのが飽きさせない。 あ、これもアバ?、え?これも?みたいな感じで。 クラブでも知ってる曲かかると盛り上がるもんね。 ...

#75 プロフェッショナル

今日でついに入院丸3ヶ月。まさかの3ヶ月。そして今週金曜には急遽なんと4回目のオペ。まさかまさかの4回目。さすがにもー終わったと思ってたよ。オペやったら最低でも2週間は入院延長だろーから、遂に大台乗っちゃうな。3ケタだ。10月だ。痛みはいっこうに消えない。停滞し、降ったり止んだりを繰り返す。不満だ。不安でもある。でも、もっと不満は自分の心。進んでない。昇ってない。病気を言い訳にして、痛みに耐えることのみ...

#74 笑えない・・・昨日の今日で情け茄子だけど・・・

昨日はやたら足あとが多かった。 「笑え!!」なんてゆータイトルに惹かれた人が多かったんだろ~ね。 だますつもりはなかったんだけど。 別に笑えるモノを書いたわけではありませんので・・・笑うのは俺なわけで・・・ ちょっと心の持ち様を変えたろーと思って書いたのに、今日は朝から先生にすげーショッキングなことを言われて、超へこんだ。 体は痛んでも、心はここまで落ちたことが久しくなかったので、あ、俺今超へこんでる...

#73 笑え!!

こんちわ。毎月1日が来る度に、おいおいも~○月だよ・・・って思ってたけど、遂に9月だ・・・ホントに夏が終わってしまう・・・終わってしまったのか・・・最近涼しいとか聞くけど、残暑よ、生き延びなさい。俺は汗かきたいのだ。あきらめの悪い男なのだ。先週金曜にオペ the 3rdを受け、1週間経ちました。よーやく座ってパソコンができるよーになってきた。・・・しかし、今回はまさに地獄だったな~。筆舌に尽くし難い。ま、...

#72 東京グラフィティ

って雑誌知ってる?東京グラフィティhttp://grfft.com/やたらお洒落な表紙が多い。俺も今回初めて知ったんだけど、ファッションスナップとかもたくさん載ってんだけど、既存のファッション雑誌とかとは結構違ってて、見た目だけでなく、個々の考えとかも取り上げようとしてる感じの、やたら一般人をたくさん取り上げてる、素人参加型雑誌です。(う~~、今日はいつにも増して調子が悪い。読みにくすぎる。申し訳。)もちろん、個...

#68 なんで俺が? VS それでも俺は!

こんな状態でも、普段は明るく前向きに生きている。でも、痛みがひどい時、熱が半端ない時、やっぱり不安になる。弱気になる。「もーずっとこのままなんじゃねーか・・・」「なんで俺がこんなことに・・・」「俺が何をした・・・」無神論者の僕が形のない「何か」を呪う。自分がこんな状態なのに根本的な理由などない(or不明)。ただ、運が悪かっただけ。それでも、何かのせいにしなければ、収まりがつかない。と言って、その「何...

#64 どこか狂ってる気がしてならない。

3人乗りバイクに逃走車が衝突http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=895281&media_id=2ナンバー無しの逃走車が、原チャリ3人乗りにぶつかって2人死亡・・・これもどーなっちまってんだって感じだけど、かなり可能性は低いけど起こり得る。それよりこの事件に対してMIXIで日記書いてる人間の反応→ざまぁ、自業自得、救いがねー・・・などなど確かに自業自得かもしれないけどさ、死ぬほどのことはしてねーよ。やっぱりこの国はどこか...

#61 怒りは君を幸せにしたか? ~平和~

怒りは君を幸せにしたか?前回のエッセーのタイトルは、怒りは僕を幸せにしたか?だったけど、オリジナルは実は「君」なんです。僕の好きな映画「AMERICAN HISTORY X」の中で、黒人を忌み嫌い、黒人を殺して刑務所に入っている白人の主人公に対して、面会に来た過去の黒人教師が言った言葉。英語原文では、Has anything you've done made your life better ?それがプロの翻訳家の手にかかると、「怒りは君を幸せにしたか?」にな...

#60 怒りは僕を幸せにしたか?~闘病~

ついに6月到来。まさかの6月突入。退院してから既に約2ヶ月。・・・病に勝てず・・・良くなりませんでした。もちろん調子の多少の上下はあって、1日1食程度は食べれるよーになった時期もあって、よーやく・・・よーやくだぜ、と思えた時期もあったけど、結局今はまた点滴生活。今回は入院ではなくて、わがまま言って、自宅で点滴をやっております。(命の源)栄養補給より代謝を良くするための適度な運動。栄養補給よりストレスフ...

#57 遺心伝信 最終稿 ~歳を取ること、大人になること、責任を持って生きること~

(僕が副担していた1-8の生徒と最後の授業で。年度当初は、なんで俺が受験バリバリの3年じゃなくて、1年の猿共なんだと思っていたが、今や超可愛い生徒たち。英語以外は僕は教師らしーところは全然なく、いっつも友達みたいに遊んでた。また廊下でほうき野球やりて~な~。本と楽しかった。) 歳を取るのはいいことだ。 ストレスや悩みも多いけど、自由な時間も少ないけど、歳を追うごとに、様々な人や考えに出会い、悩み、苦し...

#56 遺心伝信 第12稿 ~ 個人主義 ~ & 知多 pics

(知多 半田) 僕の考える「個人主義」とは、 場の雰囲気、他人の考えに流されることなく、自分の考えを持ち、行動すること。 が、同時に、他人の考えを、それが自分の考えと相反するものでも認めること。 違いや差をしっかり認め、受け入れること。 付け加えれば、別に歩み寄らなくたっていー、一つにならなくたっていー。 お互い違うなら、わざわざ無理して、空気合わせて、窮屈な思いするよりも、それぞれの考えを大切にしたら...

#53 入院記⑥ 生きるために生きる

みんなは何のために生きてる?二十歳を越えてる人は、そんな考えても埒が明かないことを考えた時期があっただろーし、今も考えてるかも知れない。企業戦士はそんなこと考える暇など全く無くて、日々仕事をし、生きていくのに精一杯かも知れない。逆に、そんなことほとんど考えずに、毎日楽しく生きている人もいるかも知れない。そーゆー人って、多分、そーゆー性分で、幸せだろーなーと思う。でも、僕はやっぱり観念的な人間なので...

#52 入院記⑤ 外を歩く

最近頻繁に外出許可をもらって、自宅に戻ったり、泊まったりするようになった。それは残念ながら、病気が回復しているからではない。病気が回復しないからだ。つまり、病院にいても、何もできることがないし、むしろ様々な要因によって病気の回復が妨げられている可能性もあるのではないか?と思うからだ。今、また絶食しているので口から栄養が取れない。それを補うために点滴で栄養補給したり、発熱した際に医師や看護婦さんがす...

#51 遺心伝信 第11稿 ~具体性~ & 壁紙 作ってみた☆

(入院中、比較的元気な時はとにかく暇で暇でしょーがない。だから、今まで撮りためた写真を使って、壁紙を作ってみた。なかなかお洒落にできたのではと自己満してる。これは、陸撮①横構図)理想を語ることは大切だ。ただ、いくらすごい理想を語っても、「考え」だけでは飯は食えない。 精神的な部分だけでなく、これだけは負けないという具体的な能力・実力も必要だ。 具体性がなければ、所詮口だけとなってしまうこともある。 内...

#50 入院記④ 選択肢のない自由

3月30日(月)・・・入院22日目。良くなりかけた持病が、風邪→発熱の影響からか再び悪化し、風邪も治って、持病もまた回復してきた。良くなってきたことは、嬉しいことだけど、前回のようなことがあるし、良くなるのはものすごく遅いのに、悪くなる時は急激なので、安易に楽観的になることはできない。ちょうどすごく忙しい時期に入る仕事を途中で放り出さざるを得なくなって、入院した。病気がホントに悪くて、熱があったり、痛み...

#49 入院記③ 絶望

昨日の続いて、また外出許可をもらって、自宅で療養。・・・考えてみりゃ不可思議だな。外出して家に帰るとは(苦笑)今はじょじょ~~にだけど段々回復している。でもちょっと前はひどかった。その時に書いた文章もひどい。でも載せておこう。病気とゆーのは、心まで蝕むもの。↓↓↓ふ~~~。だめだ。先が見えない。全然良くならね~。まともに飯食える日が来るのだろうか。ちゃんと仕事ができる日が来るのだろうか。何の心配も無...

#48 遺心伝信 第ミスチル稿 ~Mr.Children~ &韓国pics

(韓国 ソウル) 行き詰まった時、自分の生き方に迷いが生じた時、いつも 聴く曲・Mr.Children。 読む本・漱石「私の個人主義」。 読む漫画・井上雄彦「バガボンド」。 いつもパワーをもらう。 自分は間違ってないと自信を取り戻したり、まだまだ甘い、道半ばと背中を押されたり。 もっともっと遮二無二生きてやろう、闘ってやろうと思う。 そうやって自分を暗示にかけている。 (ソウル) 僕は、ミスチルが好きだ。...

#47 入院記② くたばれ高野連

二度目の一時帰宅です。外出許可もらって、夕方まで家にいます。前回はWBCをこきおろして、高野連まで辿り着かなかったので、今回は高野連を叩きます。昨日(3月21日)春のセンバツが開幕した。その開幕戦。倉敷vs金光。9回裏倉敷の攻撃、同点、1アウト3塁、サヨナラの場面。倉敷がスクイズ。金光のピッチャー取って、キャッチャーへ。キャッチャー、ランナーにタッチ・・・アウト!が・・・明らかにキャッチャーはボールをこぼし...

#46 入院記① 気持ち悪いWBC

今実は入院中。またその件に関しては退院後かな。とりあえず今一時帰宅中で、一発アップしまーす。遺心伝信はまたそのうち。ただいま3月21日土曜日。週末には退院♪って考えていたのに、今回入院した原因とは全く関係なく、病院内で風邪を拾って、木・金2日間、高熱と扁桃腺パンパンに苦しんでた。退院先延ばしかな・・・悔昔から扁桃腺弱いけど、あそこまで腫れるのね。もーのどの穴ねーし。のどちんこってもっとでかいはずなのに...

#45 遺心伝信 第10稿 ~師~ &山梨pics

(山梨 明野 ひまわり畑)僕には心から尊敬する師がいる。 出会いから4年経った今でも、人生最大の出会いだと考え、唯一本物の教師だと認め、敬愛している。 絶望の淵にいた僕は、先生と出会い、様々な話をし、教えられ、鍛えられ、そして救ってもらった。 教育の力は偉大で、本当に大切だと実感した。 先生は能力的にも、人間的にも圧倒的で、僕は一生かけても到底追い付くことはできないだろうが、教師をやるからには、先生の...

#44 遺心伝信 第9稿 ~人生の理~ &郡上 高沢観音 田立の滝pics

(郡上八幡) 結局のところ、 人生の理(ことわり)とは、理性よりも感性にあると思う。 理とは、道理、理由、もっともなこと。 つまり、どちらかと言えば、人生の意味、人生において大切なものとは、頭で考えることよりも、心で感じることにあると思う。 「幸せは満足にあり」 そーゆーことなんじゃないかな~。 (高沢観音の梅) 僕は観念的な人間で、あーだこーだと考える頭でっかちだ。こんな自分の性分やだな~と思いながら...

#43 遺心伝信 第8稿 ~挫折~ & 静岡・京都 pics

(京都 嵐山) 「挫折」とは、 本気で何かに打ち込んで、突き詰めて、でもそれが成し得なかった時にだけ経験できること。 一心不乱に、遮二無二頑張った者だけが経験できる、ある意味、「ご褒美」だ。 ご褒美のくせに、目茶目茶辛いけど。 でも、挫折を乗り越えた時、また一つ大きくなれる。 (嵐山) 君たちには挫折の経験がありますか?「挫折」というものをどれくらいの重みで考えるかは、個々によって違うから、経験があると...

#41 遺心伝信 第7稿 ~ルール~ & カンボジア pics

(カンボジア トンレ・サップ湖) 僕はリベラリスト(自由主義者)だ。 だから基本的に「ルール」というものを好まない。特になんでもかんでもルールで縛るということを嫌う。 ルールで人間を縛ることは、その人々を馬鹿にしているに等しいことであって、自ら考える機会を奪って、人々を馬鹿にすることだと思う。 (トンレ・サップ湖)  僕は、君たちと1対1の人間として付き合っている。ある程度、自我と自律心を持った大人と...

#40 遺心伝信 第6稿 ~ minority:マイノリティ ~

(アンコール・ワットでの日の出) 僕はこの社会でマイノリティ(=少数派)だ。 感情的な被害者意識ではなく、多分それは事実であろう。 変わり者、破天荒、自由人、頑固、型破り、野生児・・・。 褒め言葉であれ、けなし言葉であれ、色々言われてきた。これからもそうだろう。 でも、どう呼ばれようとも、これが僕であり、僕はマイノリティのままで構わない。 僕がやっていることは、本当に大切なことで、実は王道だと思うから。 ...

#39 遺心伝信 第5稿 ~おとな と こども~

(気球に乗り、空から見たアンコール・ワット) すごく大人な人間は、ある時、恥も外聞も捨てて、子どものように、思いっきりはしゃいで楽しむことができる。 中途半端に大人な人間は、体裁や自分がどう見えるかばかり気にして、子どもに戻れない。 つまり、最も大人な人間は、最も子どもにもなれる人間である、ということ。 (夜明け近くのアンコール・ワット) のっけから、なんか下手な日本語だな~と思いながら、書いています...

#37 遺心伝信 第4稿 ~信念を持たない信念~

(タイ 水上マーケット) 信念を持たない信念 主義を持たない主義 こだわりを持たないこだわり (同じく 水上マーケット)  日本では、「信念」という言葉は非常にいいニュアンスで捉えられ、「信念」を持って行動することは肯定されることが多い。合理的に考えると、実際には正しいとは言い難い行動であっても、信念を持って一所懸命やりました、となると周りはなんとなく、それならしょうがないと納得してしまいがちである。...

#35-2 意見求む! 「KY」について

昨日書いた遺心伝信第3稿~KY~を、早速今日、生徒と先生に配った。 今日に限らず、生徒は、論理的な意見はあまり言ってこないが、おもしろかったとか、意味がわからんとか感想みたいなものを結構言ってくれるが、教員はほとんど何も言ってこない。まー、予想していたことだ。 そもそも読まずに捨てているか、どーでもいーと思っているか、若僧が!と思っているか、多少何か考えがあっても、ま~い~かという人がほとんどだろ...

#35 遺心伝信 第3稿 ~KY~

KY = 空気読めない ではなく、 KY = 空気読んでるけど、空気読まない でありたい。 (エメラルド寺院) 今回の遺心伝信は、前稿~言葉~で、書いたことともつながっていると思うので、前稿の考えも含めて読んで下さい。  「空気読めよ」。僕が大学の頃から、この言葉が流行りだして、僕なんかは、今までに、もー何度となく、「空気読めよ」、「空気読めないな~」って言われてきた。そんな時、僕は、「空気は読んで...

#34 遺心伝信 第2稿 ~言葉~

  言葉とは不完全なもの。 自分の考えや想いを、過不足無く、正確に、言葉にして伝えることは不可能だ。 でも、だからこそ、言葉を発するときは、できるだけ慎重に言葉を選んで、自分の中にあるモノをなるべく正確に伝えたい。 それが、「自分の言葉」で話すということ。「自分の言葉」に責任を持つということ。  遺心伝信のまえがきでも書いた通り、僕は、普段スラスラと話しているようで、実は口下手な人間だと思う。スラ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。