スポンサーサイト

ハタタテハゼ 2015/09/22

沖縄本島 真栄田岬 -10mダイビングを始めて1年半、初めて沖縄慶良間の渡嘉敷に行った時が初見だったかな。今や素通りですが、やっぱり長く伸びた背びれをピコピコ動かすのはやはり可愛い。浅場から深場までたくさん見れるからいつでも撮れると思って撮らないんだけど、TG-4を買ったので試しに撮ってみました。案外赤い部分の色が出にくくて難しいですね。たまに伊豆大島や大瀬でも出ますが、そうするとやけにやる気出して探...

ヤシャハゼ 2015/09/22

沖縄本島 真栄田岬 -35mTG-4入水旅でまー、まともに撮れたのがこのヤシャハゼでした。真栄田では深く行けばペアもわんさかいるが、-35でホタテ探すミッションもあって慌ててたのか、目に付いた単体を狙っていました。どうしても図鑑写真になってしまうのは、10年前C730ウルトラズームでなるべく大きく鮮明にと四苦八苦していた時のなごりでしょうか…次回はもう少し引いて、周りの環境も入れて画を意識してみたいと思います。...

タコ

河口にいたタコっす。どこが目とかわかりますか?動いてる時の色はそれなりに地面と違うからわかるけど、擬態し始めたら、ほんとすごい。そこにいたはずなのに、そしているのにわからなくなったりする。とゆーか写真がもーないです。時間がない、気力がない、気温がない。...

カクレクマノミ vol.6

ラストニモです。やっぱり一枚目が一番可愛かったかな。でも今まで背景とか考えて撮ることがあんまりなかったので、練習になりました。これを撮ってから早2週間。そろそろ行きたいとこです。...

ヒトミハゼ

こないだ本当に久々にタンクを背負って潜ってきました。安全第一ということで松下さんと深度の浅い川へ。ところがこの日のヒットは、-10cmくらいにいて、入る前に堤防から見えていたこのハゼでした。この写真じゃ分からないかもしれませんが、目の部分の突起が判別のポイントです。矢野さんの図鑑がなかったら、あきらめてました。...

モンダルマガレイ

カレイの中でも定番中の定番ではないでしょうか?でもスノーケルでバタバタと泳いでるとなかなか見れないので、嬉しかったです。息継ぎしたら、もーどこに行ったかわからなくなってしまいました。...

カクレクマノミ vol.5

今日は嵐のような北風です。海も大荒れです。...

カクレクマノミ vol.4

うまい具合に、上下にというか、前後に入れることができました。2匹が限界です。昨日から岡ちゃんが後輩4人と沖縄本島に遊びに来てます。日頃の行いが良さそうな輩とは思えませんが、海は今までが嘘のようにペッタペタで、本とよかった。残波まで入れたみたいです。岡ちゃんの写真が楽しみです。...

カクレクマノミ vol.3

前日は砂を巻き上げてしまったし、簡単により過ぎて、ビビらせてしまったので、この日は慎重に。...

カクレクマノミ vol.2

3匹いるんですよ。ってゆーだけの写真です。3匹かつ綺麗な写真はまだまだ無理です。てかずっと無理ぽっす。...

カクレクマノミ vol.1

ひっさびさに興奮して笑いました。やっぱり超可愛いです。実は見るの2回目なんですが。今回はまだ3~4cmの幼魚です。同じイソギンチャクに3個体います。スノーケルで見れる水深ってのが素晴らしいです。久々のアイドルフィッシュなので、何枚か載せますが、あとはドンドン駄目になっていきますm(_ _)m...

ツムギハゼ

ただシャッター押したというレベルの写真です。ツムギハゼは本とにハゼか?とゆーぐらい度胸あったので、もう少しいい写真が撮れるとよかったですが、川なんで(言い訳)。...

コクテンフグ

コクテンフグの幼魚です。写真だと全然わからんですね。大体5cmくらいだったと思います。今日は、浅場にいるとゆーニモを探しに久々にスノーケルしてきました。そんな人生甘くないんですけど。でも、浅場のナマコにウミウシカクレエビ付いてたし、ミナハコ幼魚もいたし、クビアカハゼも久々に見たし、ダイビング時代にいつも見てたのが色々いて懐かしかったっす♪また探しに行こ。...

リュウキュウハグロトンボ

今日は魚じゃなく、昆虫・トンボです。リュウキュウハグロトンボ(琉球羽黒蜻蛉)といいます。琉球列島の固有亜種(固有種ではない)で、奄美大島、徳之島、沖縄島に分布するみたいです。といっても、その辺にワサワサいるわけではありません。これは「じんぶん」に遊びに行った時に撮ったもので、その美しさに惚れました。最初見たときは、え?トンボ?って感じでした。羽が1枚しかないように見えるからです。飛んでる時にちゃん...

テンクロスジギンポ

どこにでもいますが、これは砂辺で撮りました。他の魚の皮膚や鰭をかじる肉食性なんて図鑑に書いてありますが、じっくり見ていると、本とにそーでした。ヒラヒラ~っとホバリングしていると思ったら、スルスル~っと上に泳いでって、ガジってやってました。ものすごい幼稚な表現ですいません。やられた魚(この時はグルクマ)は、全く無警戒なところにいきなりかじられてビックリしてました。ダイバーが追っかけるのとは違ったリア...

アオバスズメダイ(ケラマ)

この一枚で、9/19の慶良間・安慶名敷島の写真おしまいです。長らくdive addictionのトップページの写真だったので、もはや見飽きた感は否めませんが、この時撮った写真の中では一番のお気に入りです。ベラに感謝!!の一枚です。...

デバスズメダイ(yg)? (ケラマ)

お久し振りです。2週間振りに沖縄に帰ってきました。久々に帰ってきた沖縄は、クーラー要らずでちょっと拍子抜けですが、でも全然寒くないのが素晴らしい。内地で言うなら、5月くらいのぬる~い夜の感じです。写真は、真夏のケラマなんで、書いてる自分がしっくりいかないんですけど・・・デバスズメダイorアオバスズメダイです。小さいからデバスズメとはならないでしょうけど、小さい珊瑚に小さいのがたくさんいました。とても可...

ツノダシ(ケラマ)

サンゴがあるとツノダシも撮ってみたくなります。そのカメラも今や再起不能になってしまいましたが・・・・気が付いたら川流れてましたから(泣)あんなにマジゴケしたの何年振りやろ。三脚など買うんじゃなかった(悔)早速オークションで入札中です。ハウジングがもったいないので、同じc-730を買うつもりです。メモリのデータだけは残っていてほしいです(必死)...

アカヒメジ(ケラマ)

東京にて静養中で暇なのでうpしまっす。しばらく海入ってないんで、久々に入りたいな~。大瀬のようにタカベの群れいないかな~。あ~大瀬でスノケっとけばよかったです。...

ノコギリダイ(ケラマ)

浅場にたくさん群れてました。ノコギリダイがいると、ヨスジフエダイも!と思うのですが、ヨスジはいませんでした~。そーいえばサイパンでもノコギリダイはたくさんいたけど、ヨスジは見なかったし、生息環境は違うんでしょう。パラオではセットでいた気がするんですが。...

アオバスズメダイ(ケラマ)

しばらくサボっていたので、2枚目。アオバスズメダイです。ワイド難しいです。...

ヤリカタギ(yg)(ケラマ)

チョウチョウウオの仲間は、なぜかあんまり人気がないので、ミーハーな自分もあまり注目してないのですが、そーいえば、ヤリカタギはあんまり本島で見ないです。でもあんまり注目していないだけに、小さなサンゴの隙間なんかにチョウチョウウオの幼魚を見つけた時はときめきます。...

ハマクマノミ(ケラマ)

いろんなところにイソギンチャクがあって数は多かったです。the クマノミとハナビラもいました。ニモを期待してたけど、いなかったです。...

ホシゴンベ(yg)

ホシゴンベの幼魚。ホーシューにて。白飛び気味っす。...

テングカワハギyg(ケラマ)

陸撮が続いたので、久々に魚の写真を。単なる証拠写真ですが、中でもまだまともなのを。こないだ行ったケラマスノーケルでの写真です。西表で初めて見て以来2度目でした。テングカワハギいそーだな~なんて思いながら探してたんで、ドンピシャでした☆こいつともう1個体成魚サイズのがいました。嬉しかった♪本島にも昔はいたみたいなんですが・・・...

ツバメウオ

なんだかんだ2週間前ですが、2日続けて真栄田にスノーケルに行き、2日続けてギンポを探し2日続けて見つけれず、2日続けてワイドでツバメウオに挑戦しました。2日どころか永遠に難し~。小出しにするほどの写真はないので、4枚まとめて。この日は30匹くらい集まってました。-7~8mくらいのところに。もー必死。ダイバーの泡をよけるツバメウオ。次の日もっと寄って撮ろうと思って寄ったけど・・・なんとも。難しいです。...

コウワンテグリ

真栄田のタイドプールにいた、比較的大きめのコウワンテグリ。大きめといっても、3cmくらいだから、まだまだ大きくなります。でも水深-1~2mではこのくらいのサイズまでしか見たことないですね。...

アカヒメジ(ケラマ)

アカヒメジです。ヒメジとゆーと、ヒゲが付いてて、底を這ってて、オジサンとか変な名前の種もいて、とにかくあんまり人気のない魚ですが、アカヒメジは中層を群れで泳ぐなかなか見ごたえのある種です。色も黄色で綺麗だし。赤ヒメジなのは、死後赤くなるからだそうです。本島でもゴリラチョップとかで見られます。でもサンゴの海で見るアカヒメジはとても綺麗に見えました。ただ、それをちゃんと表せない自分の技術のなさに落ちま...

クロハコフグ(yg)

今日(13日)はベタとゆー情報だったので、昨日のツバメウオのリベンジに行こうと思ったら、途中でこいつがいたのでこいつばっか撮っちゃいました。ミナハコ(yg)はアイドル過ぎて結構見たので、最近はあまりおぉ!とも思わないのですが、逆に地味なこいつにはかなり反応してしまいました。伊豆時代には見たことない魚だったし。ダイビングでは、ミナハコの方が目にする機会は多いと思いますが、スノーケルではクロハコフグの方がよ...

セダカギンポ(yg)

大好きなセダカギンポ(yg) vol.2です。この写真は昨日の写真に続き千乃が撮ったものです。正面からかなり寄って撮ったみたい。セダカギンポは穴ではなく、サンゴの枝の中とかに隠れるけど、やっぱりお気に入りの場所があるみたいで、サンゴの中外でフラフラしてても、落ち着く時はその場所に行きます。そんなにプレッシャーかけなければ、そして適度なプレッシャーをかけていれば、お気に入りの場所にじっとしてることが多いかな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。